自分がブログや副業…色々とやっていることを周りに言う?

スポンサーリンク



こんにちは!最近友達の結婚式で久しぶりに学生時代の友達に会えて嬉しかった、うららか(@urarakajpcom)です➳ ( ˙-˙=͟͟͞͞)♡

自分がブログや副業…色々とやっていることは周りに言う?

私は今、複数の仕事をしています。コミック編集者や電子書籍の書店員、ライターの仕事や個人的な漫画の仕事などなど…学生時代には思いもしなかったような生き方をしています。自分でもいろんな仕事をしているなと思うのですが、今回はそんな「自分の生き方、働き方を周りに言っているのか」ということについてお話します。

先に結論を言うと、
言ってプラスになるなら言うし、マイナスになるなら言わない

です。これだけ聞くと、かなりドライに聞こえるような結論ですが、理由があります。

そもそも今みたいにブログや副業をしたかったわけじゃなかった

少し私の話をすると、正直学生時代は「どこか一つの会社に勤めてそこで役員クラスになれたら最高だ!」と思っていたし、なんだったら「役員になれなくてもそこそこの給料が貰えてそれなりに趣味とか楽しめたら十分。」と思っていました。

要は今みたいに色んな仕事をしたり出かけたりすることとは、無縁の生き方や考え方をしていました。

色んな人と触れ合っていく中で自分の中の価値観が広がっていった

そんな中社会人で東京に上京して、色んな働き方をしている方に触れ合っていってから自分の価値観が一気に広がりました。土日だけ働いているのに会社員よりずっと稼いでいる人、在宅でお仕事している人、そもそも月の半分は海外にいる人など、働き方、収入の得方はいっぱいあるんだと知って、すごく刺激を受けました。自分もそうなれるかもしれないと、どんどん期待していきました。

なので私は勉強や「自己投資だ!」といってビジネス書を読み漁ったりもしました。未来に期待するのが楽しくて、「10年後どうしていたい?こんなこと出来たら最高じゃない?」なんて友だちと話すのも大好きになっていきました。

周りの人みんながそんな生き方を求めているわけじゃなかった

私は20代のうちなんて貯金なんてなくていいし、どんどん自己投資したいと思っていますが、みんながみんなそうじゃないことを知りました。「私は5年後こうなっていたいんだよね!」と言っても、

「興味ない」「頑張ってね(笑)」「成功したら教えて」

と言われることもしばしばで、友だちとのギャップを感じることが多かったです。ビジネス書を読んでいることを「意識高い系(笑)」とバカにされることもありました。当時の私は我ながらピュアだったので(笑)自分が想像していること、期待していることと全然違う反応が返ってきては、ガッツリ ショックを受けていました。…今思うと、そういう物事の捉え方しか出来ない人って寂しい人だなと思いますが。

逆に同じような生き方をしたい、している人もいた

「私ももっとこういうことチャレンジしたいんだよね」
「それやりたいならこの人紹介するよ」

と同調してくれる人や、それをもう既にやっている人もいて、そういう人と話すことや同じ空間にいるだけで刺激されました。色んなアイディアや行動に移せたりでとても楽しいなと思いました。私は願望を言って満足していることも多かったので、実際に行動に移している人を見ると、「やばー私なんにもしてないじゃん!」とやる気スイッチを押してもらっていたりもしました。

人によって言うし、人によって言わない

そういった経験の中で私が思うのが、自分がブログ副業、起業したいなどなどチャレンジした生き方を人と話すのは、言って自分の人生が後押しされるなら言った方がいいし、否定やバカにしたりネガティブなことを言う人には言わない方がいいと思います。

ただ、否定やネガティブな意見を言う人も100%の悪意があるわけではなく、自分と違う道に行こうとするのが寂しかったり、過去のだらしなかったり、言ったことを守らない自分を知っていたりするからこそ、「そんなお前ができるのか?」と思って言うことがあるからです。

なので、自分がこの人に言うことでもっと頑張れる、もっと行動できると思えるなら言うべきだし、言ってマイナスな反応が返ってきたなら「もう二度と言わないぞ」と思って話さないのがいいと思います。なにも燃えている自分の熱意をプールに突っ込んで冷ますような行動をする必要はありません。

ちなみに親には言っていません

私はまだ自分がこうやって色んな活動をしていることを親には言っていません。

言っても心配されるだけなので。

ついでにいうと、親はいつだって心配する生き物なので、今後も特に言うつもりはありません。寧ろ親にはいかに自分が「安定した仕事で安定した生活を暮らせているか」と、安心安定の方を強調して伝えています。

まとめ

自分がブログや副業…色々とやっていることは、その人が応援してくれるなら言おう!応援してくれないなら言わないでおこう!です!!人生一回しかないので、最高に楽しむのがベストですね♪

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


少女漫画博士(専門家)。電子書籍書店員・コミック編集者として日々少女漫画の魅力を伝えています。2018年の目標は、読者さんとのイベントをやること。⇒詳しいプロフィールはこちら

うららか