【1分サク読み】漫画レビューに対する反省と今後

スポンサーリンク



こんにちは!「あれ、もう月の下旬じゃん!」を毎月繰り返しています、うららか(@urarakajpcom)です➳ ( ˙-˙=͟͟͞͞)♡

私のサイトでは、少女漫画を紹介する記事が多いですが、今回はそのレビューに関することでお知らせです。

漫画レビューに対する反省

まず、これまで1年以上色々な少女漫画に関するおすすめ記事やレビューを書いてきましたが、反省そしてお詫びをしたいことが一つ。

それは、
「レビューは良い側面しか書いていないことが多かった。」

ということです。
気付いている方もいるかもしれませんが、私が記事で紹介する漫画は、良い側面ばかりをピックアップしていました。
完全なる言い訳ですが、そうなってしまっていた背景が以下になります。

良い側面を紹介していた理由その1/2

 →書店員として働いてた時の感覚がこびりついていた。

まず、私は5年以上も電子書籍の書店員として働いており、現在もそのお仕事を一部させて頂いています。なのでといいますか、漫画の良い面だけ紹介するという癖がついていました。
あらゆる出版社と取引をしている以上、企業で働く以上、良い面だけ紹介するのは至極当たり前の世界で、ぶっちゃけ過去「んーこれ私だったら買わないなぁ」と思った本も、お願いされればまるで「書店員のおすすめ!!」かのように紹介したこともあります。

今思うと「すごいこともしてたなぁ」と思いますが、社会人になってからそういう働き方が長く続いてこびりついていたため、むしろそれが普通なんだなとどこか感じていた部分がありました。

良い側面を紹介していた理由その2/2

 →「わざわざマイナスな情報を書く必要ってある?」と思っていたから。

少女漫画をたくさん読んでいると、中には「私には合わないな―」とか「正直好みじゃない!」という漫画も勿論あったのですが、その作品が人気だったり話題の漫画だったりすると、良い側面だけピックアップして紹介するということもしてしまいました。

嘘はつきたくないので、思ってもいないことは絶対書かなかったのですが、「どうしてそれを面白くないと思ったのか!」等の理由はいつも伏せていました。

自分が率直に素直に感じたことも、結果的に否定的な意見に繋がるもに関しては、「あえて言う必要ある?」と思っていました。漫画1つ出来上がるのに相当な労力がかかることをわかっていたので、良い側面だけお伝えしたいという想いがありました。

漫画レビューの今後

ただ、2017年色んな魅力的な方々と会う中で、私が伝えてたいことは、「結局なんにも伝わってないんじゃないか」と気づかせてもらうようになりました。ただ、「批判されたくない」という恐怖が、発言を控えめにしていたんだなと気付かされました。でもそれだと永遠に「私がどう思っているか」という考えが一切伝わらない…。なので、長く時間はかかりましたが、やっと腹を決めました!

なので!!!

今後は思い切って自分の正直な意見をズバズバもっと言っていくことをここに宣言します!

良いものは良い!
気になる部分は気になった!
この展開は好き、嫌い、苦手、感動する!!!

ちゃんと伝えていきます。

だからといって、「悪口を言う」などの必要のない毒は今後もいいません!それは違うかなと思います。
ありのままの自分で今後はもっとこのサイトを運営していきたいなと思います。

 

まとめ

そんなわけで、
「今後はもっと私の想いが反映された記事が増えてくよ!!」

という意思表示の記事でした。
次の記事は、そんな私の想いがかなり文字に出ている記事になると思いますので…引かないでくださいね♡笑

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


少女漫画博士(専門家)。電子書籍書店員・コミック編集者として日々少女漫画の魅力を伝えています。2018年の目標は、読者さんとのイベントをやること。⇒詳しいプロフィールはこちら

うららか