退職したときに気づいた、人生を充実させるために大事なこと2つ。

スポンサーリンク



どうも、音楽の歌詞に自分を重ねる、うららか(@urarakajpcom)です➳ ( ˙-˙=͟͟͞͞)♡

今回は、思わず書いたお話!
退職したときに気づいた、人生を充実させるために大事なこと2つ。の記事です♪

◇◇こちらもおすすめ◇◇
設定・シチュエーション別記事

ランキング特集

最近まで働いていた職場を退社しました。

私はずっと働き方を変えたいと思っていました。
ずっと、「なんで週5で働かないといけないんだろう」と思っていて、でも今まで大して動けていませんでしたが、ついに重いお尻が動き、「週3」で働くことを決め、退社して別の週3で働ける会社に転職することにしました。(働き方の話はコチラをぜひ)

そして上司に会社を辞めることを連絡。
正直働いているときは、ストレスが溜まって辛かったときも多々あったし、私は私で仕事を嫌な顔して引き受けてしまう未熟さが全面に出てしまったときもあって、色んな意味で嫌な部分ばかり見える機会が増えてしまっていました。
なので、「辞める」=「リセットできる」いい機会ができたと、かなり前向きになりました。

別に会社に思い入れなんてなかった

私は自分でも冷めているなと思いますが、辞めることになった会社に入った時点から、辞めることは決めていました。・・・普通に最低ですね( ∵ ){こいつ人情どこにおいてきたんや

もちろん、与えられた仕事はちゃんとやるし、会社の売上には絶対的に上げることは決めていましたが、だからといって、「会社の売上が上がる」=「私の人生がよくなる」わけじゃなかったので、線引きして働く方が変に落ち込まなくていいなと思っていました。

なので仕事はほぼ定時に帰るし、もちろん会社の飲み会なんてほとんど行かない。二次会に至っては人生で数える程しか行ったことないです。あまりに会社の飲み会にいかなさすぎて、前の会社じゃ「はぐれメタル」なんて言われていました( ∵ ){最近体型も似てきたという…。

辞めるまであと1ヶ月頃から変わりだした

ところが、辞めるまであと少しというところで環境が変わりだしました。

辞めることになってから、これまであまり関わりのなかった方々との交流が増えたり、
「なんじゃこの人、優しさバファリンにもっていかれたんか( ∵ )」という人の意外な一面を知れたりで、あぁもっと早く知りたかったな、話しておけばよかったなと思うことがたくさんありました。

もっと隣の席の人に話しかけておけばよかったな。
もっと前の席の人に話しかけておけばよかったな。
もっと上司のこと理解に努めていればよかったな。

色んな思いが直前になって溢れてきて、
「辞めることを辞める!」


そう言いたくなったこともありました( ∵ ){流石にいえんけど!

最終日は泣きそうだった。

あんだけ切り分けて働いていたのに、いざ最終日に色んな方と話しているとじんわり涙が溢れてきて、思っていた以上に自分が好きな職場だったことに自分で驚きました。

最後の1ヶ月がずっと続いていたらまた違った選択もあったかもしれない。
そんな風に思いながら、退職しました。

人生を充実させるために大事なこと2つは…

この経験から私が気づいた大事なことは、

1.ほんの少しの勇気

2.行動力

です。「なんだよ抽象的な表現かよ!!」
そうなんですよね、結局大事なことは数値化しにくいものです。

私は人生をよくするために、職場や働き方については積極的に行動していましたが、一緒にいる方々の環境を変える努力はあまりしていなかったなと思います。
そんな中で、最後の1ヶ月私の充実度が上がっていったのは、確実に
周りの方々が変えてくれたお陰でした。

私が辞めるとなってから、前からもっと話したいと思ってくれていた方が話しかけてくれたり、お昼に誘ってくれたり、本当に色々よくして頂きました。
周りの勇気と行動力のお陰で、私は辞めるまでの1ヶ月、とっても楽しく過ごせました。

まとめ

別れがあったということは、必然的に今度は新しい環境に飛び込んでいきます。
その時に、今度は絶対私から「勇気」と「行動力」をもって、毎日を充実させていきます。

なので、これからの新しい出会いが本当に楽しみだ( ∵ )♪

 

・・・なんだか真面目な話になっちゃいましたね( ∵ ){こいつ漫画と恋愛以外にも割く脳みそあったんか!


また色々自分の思いや考えをもっと伝えていきたいなと思うので、よろしくお願いします(∵♡)
*
◇◇こちらもおすすめ◇◇
設定・シチュエーション別記事

ランキング特集

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


少女漫画博士(専門家)。電子書籍書店員・コミック編集者として日々少女漫画の魅力を伝えています。2018年の目標は、読者さんとのイベントをやること。⇒詳しいプロフィールはこちら

うららか