【Blog】私の小学校からのお友だちの話。

スポンサーリンク



こんにちは、うららか(@urarakajpcom)です。

さて、最近配信があまりに楽しすぎて全然ブログを更新できていなかったので、ゆる~いブログ記事から復帰していきます(笑)。

◇◇こちらもおすすめ◇◇
設定・シチュエーション別記事

ランキング特集

私には小学校からの仲良しなお友だちがいます。

急にどうしたと思われるかもしれませんが、あまりブログでお友だちの話をすることはないので、たまには語ってみようと思います。

 

今回は私の仲良しのお友だちの一人、Mちゃんについて話していきたいと思います。Mちゃんと私のはじめての出会いは小学6年生のときでした。1年生から同じ学校でしたが、6年目にしてはじめて同じクラスになり、今まで全く接点がなかったにも関わらず、同じクラスになった途端あっという間に仲良くなりました。

 

Mちゃんは自分の意見をしっかり持っている子で、「私はこう思う」と、思ったことをハッキリ言うところが羨ましいと同時にとってもカッコいい女の子でした。

 

そのまま私たちは中学生になって、まさかの【同じ学校、同じクラス、同じ部活】と重なりに重なって、私とMちゃんはもっともっと仲良くなりました。特に同じ部活だったのは大きかったな~。部活動に選んだバスケ部は超ど級な程の縦社会で、先輩から「○ね」「1年使えない」と言われることはよくありましたが、そんな部活をMちゃんと一緒に「くたばってたまるか!!」と、負けん気で乗り越え、大変だったけど今振り返るととっても楽しかったです。(でももし今中学に戻れても、今度はバスケ部じゃなくて帰宅部にしようね(笑)。)

 

高校生になり同じ学校ではなくなりましたが、それでも定期的に連絡をとって、ファーストフード店でベラベラと話し、ときにはお互いの家の前で延々と話しました。(家の前で2~3時間話すのもザラだったなー(笑)。)

 

そしてお互い働くようになって、私は東京にMちゃんはそのまま徳島に残ったので、本格的に会えない日の方が多くなったけど、会えばまた昔のようにすぐ戻れるので、会う度これまた延々と話しているんですよね。

 

でもそんなMちゃんの結婚式に私は参加できませんでした。

社会人になってとにもかくにも仕事が忙しかったとき、仕事の予定と結婚式が被って、私はMちゃんの結婚式に参加できませんでした。「スピーチしてほしい」と言ってくれていたのに、私もスピーチしたかったのに仕事でいけなく…そのときばかりは(いや本当に私なにやってんの…)と、自分の力不足具合に腹が立ちました。

 

ただ、Mちゃんが粘ってくれて、なんと遠方からスカイプ的なものでスピーチだけ出演するという奇跡の神業をセッティングしてくれました(笑)。お陰でなんとかそのときだけは仕事を抜け出してスピーチしました。

 

実際にはスピーチ時の回線状況が悪く、私がただ早口でピーチクパーチク話してて、みんなよく聞こえなかったそうですが(笑)、それでも喜んでくれたMちゃんをみたとき、(本当にMちゃんって色々とすごいなぁ…)とただただ尊敬しました。

 

仕事が忙しくて地元に中々帰れず、自然と地元の友だちともどんどん疎遠になっていく中、ずっと変わらず連絡をくれていたのはいつもMちゃんでした。

 

Mちゃんはいつも私を応援してくれています。

私がブログをはじめたとき、YouTubeをはじめたとき、友だちの中には「いや何やってんの(笑)」と言ってくる子もいましたが、Mちゃんはいつも「ブログみたよ!」「ここの文字間違ってない?」「この記事めっちゃ笑った」「私もマイクラDLした!」と常に私を応援してくれました。

 

リア友にブログやYouTubeの存在を明かすのは、中々照れくさいやら恥ずかしいやら色々な思いがあるので躊躇しがちでしたが、Mちゃんの応援のお陰で色んな人に自信をもって伝えることができました。

 

実績なんか何もないなかで前向きなことを言ってもらえるのは「うららかならいけるでしょ!」と背中を押してもらえているようで、泣きそうなくらい嬉しい…!

 

 

本当大事なお友だちです。

 

そんなMちゃんは先日お誕生日を迎えました。

やや照れくさいけど、まさかのWEBという永遠残りそうな媒体で思いを伝えますね(笑)。

 

 

おめでとう!

お誕生日プレゼントはまたお揃いで何か揃えよう!

そしていつも私の誕生日やそうじゃなくてもマメに手紙やプレゼントくれてありがとう。

多分人生で一番手紙のやりとりをしているのはMちゃんです(笑)。

 

 

 

 

私はMちゃんと同じ話を何度も繰り返しながら延々とベラベラ話す時間が大好きです。

Mちゃんの情景が想像できるようなパンチの効いた話を聞くのが大好きです。

私が辛いとき、絶対私に寄り添ってくれるお母さんみたいなとろこが大好きです。

 

恥ずかしくて本人には言ったことないですが、はじめて高校生のときに今までずっと一緒だったのに離れてしまい、前よりも会える回数が少なくなったとき正直めちゃくちゃ寂しかったです。そしてMちゃんが高校で新しく仲良くなった友だちの話を聞く度に少しだけ嫉妬していました(笑)。

 

 

 

私と仲良くしてくれてありがとう。

いつも応援してくれてありがとう。

これからもずっとずっと仲良しでいてね。

これから先もし万が一大喧嘩しても絶対仲直りしよう!!(多分私の性格的になさそうだけど)

 

 

 

ん~~なんていうのかな~~、
親友という言葉ではおさまらないくらい大好き!!!

 

生まれてきてくれてありがとう~~~~~!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

ふはは、終わりです(笑)。こんな超絶個人的な記事読んでくれてありがとう♪

 


↑【おすすめ】友だちの話がつまった青春グラフィティ「友だちの話」。

◇◇こちらもおすすめ◇◇
設定・シチュエーション別記事

ランキング特集

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -


少女漫画博士(専門家)。電子書籍書店員・コミック編集者として日々少女漫画の魅力を伝えています。2018年の目標は、読者さんとのイベントをやること。⇒詳しいプロフィールはこちら

うららか