きゃりーぱみゅぱみゅも買った話題作『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
スポンサーリンク

今日紹介するのは、もはやそんなものがあったのか!!!と、初めて知った話!

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

ザックリあらすじ

「心を開くって、どうするんだっけ…」28歳、性的経験なし。
(ちょっと精神的に病んじゃった話もあります)
生きづらい人生の転機とするために選んだ手段が、「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった──。
自身を極限まで見つめ突破口を開いた、かーなーりー赤裸々すぎる実録物語です。

1巻完結ですが、続編でそうな感じ!(期待的願望)

 

ザックリなキャラ設定

主人公(著者):精神的に辛い時代が長かったけど、レズ風俗で変わる…?

↑特段他の目立つキャラといったら家族とか?ここで説明するほどではないかなと!

 

【作品のテイスト】
恋愛:よくイメージする誰かと恋したりという話ではない。
仕事:色んな面接いったりと、リアルな話が連々。
家族:著者の家族がでてきます。冷たくも暖かくもなく普通。(見ようによっては冷たく感じるかなー)
友人:ほぼ登場してこない。

・自叙伝です!
・タイトルほどレズ風俗の話はでてこない
・ただ、レズ風俗ってそういうシステムなんだーってわかる
・でもそこまで詳細でもない
・読み終わったらちょっと気になる
・著者は今元気なんだろうか、気になる

 

見どころ1:おすすめしているのが”きゃりーぱみゅぱみゅさん”

あの、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、

「タイトルが気になりすぎて思わず買っちゃった本。」


…確かに表紙とタイトルのインパクトがすごい…!

見どころとはちょっと違うかもしれませんが、話題の一作なので、
ミーハーな私はそれだけでも見ようって気になります!笑

 

 

見どころ2:新しいジャンル

とにかくタイトルをみて、「レズ風俗」って何!?

となりませんか?

私すごくなりました!笑

実際どんなところなの?

何が出来るの?

とうとう、簡易にこのエッセイの中でも紹介されています。

ただ、あくまで「簡易」なので、色々こと細かく書いてくれているわけじゃないです。
(あれ、もっと知りたかったのに)

 

と、思うかもしれませんが、いきいなりガッツリ書かれたのがハードル高い人もいると思うので、
導入編の本としては丁度いいかなと思いますヽ(=´▽`=)ノ

 

 

見どころ3:セ・キ・ラ・ラ

このレポは本当に正直。

普通結末に向かって、盛り上がりがあったり、シンデレラストーリーだったりするのですが、
このエッセイ本を読んでいて思うのは、

 

セキララな実体験がマンガになったなー!

ですね。

等身大の著者の思いが伝わってきます。
結構Webの広告もまわっているこのエッセイ。

が、故に、

 

そしてその後はーーーーーーー!!!!

 

と、気になったり!笑
続刊を密かに楽しみにしております\(^o^)/

 

新刊でました!!

 

スポンサーリンク
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

よかったらシェアしてください♪